<あ行>
RCあーるしー reinforced concrete 鉄筋コンクリートのこと。
SRCえすあーるしー steel framed reinforced concrete structure 鉄骨鉄筋コンクリートのこと。
ALCえいえるしー autoclaved light weight concrete セメントペーストに発砲剤を加えて多孔質化したものを オートクレーブ養生で製造した軽量気泡コンクリート。軽量で耐火性が良く加工が簡単。 主に鉄骨造やRC造の床・屋根・外壁・間仕切りに使用。
オートクレーブ 養生おーとくれーぶ ようじょう 高温高圧の容器(オートクレーブ)で行う養生


<か行>  このページのTOPへ
くい 構造物の荷重を基礎を介して地盤に伝達させる柱状の構造部材。
小屋組こやぐみ 木造や鉄骨造の屋根を支える骨組み。
躯体工事くたいこうじ 建築工事で主要構造の工事のことで、鉄骨工事・型枠工事・鉄筋工事・コンクリート工事など。
けた 木造の軸組で梁を受けるそれと直角方向の横架材で、通常は建物の長手方向に桁、短手方向にを架けて、 それぞれの距離を「桁行」「梁間」という。
基礎梁きそばり 最下階の柱下を横につなぐ水平部材。
グラスウールぐらすうーる 硝子を溶融して短繊維を綿状に集合したもので、接着材を混ぜて板・筒・帯状に成形して主に断熱遮音材として用いる。
杭打ち地業くいうちじぎょう 杭で構造物の荷重を支持する地業。
既製コンクリート杭きせいこんくりーとぐい 工場で製作した鉄筋コンクリート製の杭。主にRC杭、RHC杭などがある。
切妻屋根きりづまやね 山形に2面で構成した屋根。
ガラスブロックがらすぶろっく 方形の皿状ガラスを2つに合わせて溶着した中空のブロック。天井や床、壁などに使用される。


<さ行>
墨出しすみだし 建物の高さ、位置、寸法を正確に標示すること。
地鎮祭じちんさい 基礎工事にかかる前に土地の神を祭り、工事の無事を祈る祭事。
砕石地業さいせきじぎょう フーチング地中梁・底盤・土間コンクリート の下に砕石を敷きつめる地業。
捨コンクリートすてこんくりーと 独立基礎フーチングの基底部分に捨て打ちする厚さ50〜100oの均しコンクリートで、 構造上は意味がなく、基礎の底面を平らにするとともに型枠や鉄筋の墨出しをするためのもの。
上棟式じょうとうしき 工事途中で行う建築儀式で、木造は棟木を取り付けるとき、鉄骨造は鉄骨工事完了時、鉄筋コンクリート造は 躯体コンクリート打設が完了したときに行う。「むねあげ式」ともいう。
スラブすらぶ 床板のことで、鉄筋コンクリートの床をいう。
筋かいすじかい 地震や風などの外力に対する建物の軸組み強化に入れる斜め材のこと。
石膏ボードせっこうぼーど 石膏を芯に両面を厚紙で被覆形成した板。
長所⇒防火・防音性に優れ、温度・湿度の伸び縮みが少なく施工が容易。
短所⇒衝撃や湿気に弱い。
天井・壁の内装材に広く使用され「プラスターボード」ともいう。
地業じぎょう 構造物の基礎を支える土や地盤を丈夫に固める作業。
サイディングさいでぃんぐ 外壁に貼る仕上材。材質は木・石綿セメント板・金属など各種ある。


<た行>  このページのTOPへ
独立基礎どくりつきそ 柱位置に他と切り離して単独に設ける基礎で、形状は立方体か角錐台の組み合わせが一般的。
土間コンクリートどまこんくりーと 下が直接土に接するコンクリートの床。
地中梁ちちゅうばり 独立基礎を結ぶ(地中にある)で、「繋ぎ梁」や「基礎梁」ともいう。
打設だせつ コンクリートを流し込むことで、コンクリートを打つという。
耐圧盤たいあつばん 建物の垂直荷重を接する地盤に直接伝達するのに基礎梁の下部に設けたスラブのこと。 「底盤」「水圧盤」ともいう。
断熱材だんねつざい 熱を遮断するのに使う材料(住宅用には一般的にグラスウールや発泡ポリエチレン系等を使用)で夏は外気の熱を遮断し、冬は内気の熱を逃がさない。
ダウンライトだうんらいと [down light]白熱電球を天井に埋め込んで直接下向きの照明をする照明器具。
転圧てんあつ タイヤローラーなどの機械で土を締め固めたり、割栗石や砂利などを小型ランマーで締め固めること。
つま 切妻屋根をもつ建物の大と直角な両端の側面。


<な行>
縄張りなわばり 建物の外形の位置を敷地にしるすこと。
布基礎ぬのきそ 逆T字形の断面で帯状に連続した基礎のことで、木造やRC壁構造に用いる。


<は行>
防湿シートぼうしつしーと 厚さ0.1o〜0.2oのポリエチレンシートで、土に接する1階コンクリートの下に敷いて土中から湿気を防ぐ。
フーチングふーちんぐ 鉄筋コンクリートの建物の荷重をや地盤に伝えるのに柱や壁の最下部を拡大した部分。
はり 二つ以上の支点の上に架けた構造部材か、一端を固定した片持ちの水平部材。
ホールダウン金物ほーるだうんかなもの 隅角部の柱と基礎や1・2階の管柱の接合部に使用。主に木造3階建に用いる。
破風はふ 切妻屋根や母屋屋根の部分のこと。


<ま行>
水盛りみずもり 建物の位置にあわせて水杭に一定の高さの印をつけること。
水杭みずぐい 水ぬき(水平材)を打ちつけるで、「遣り方杭」や「見当杭」ともいう。
水ぬきみずぬき 遣り方の際にに平行に打ちつける小幅板で、高さの基準で、「遣り方ぬき」ともいう。
棟木むなぎ 小屋組の頂部を行き方向につなぐ横架材。
むね @屋根勾配が交わった最も高い所。A建物の軒数の数え方で、一棟を「ひとむね」や「いっとう」という。


<やらわ行>  このページのTOPへ
遣り方やりかた 建築の基準となる高さや壁心、柱心を水ぬき水杭で示すこと。
養生ようじょう @工事中に仕上がった部分を傷つけたり汚したりしないよう保護すること。 Aコンクリートやモルタルが一定の強度に達するまで水分を与えたり保温などを行うこと。
ランマーらんまー 土・砂利・割栗石などを突き固める機械。
割栗石わりぐりいし 基礎地業などで地盤を固めるのに用いる小塊状の砕石。
用途地域ようとちいき 都市計画地域内に、12種の用途地域を定めて、その地域に建築できる建築物を制限するもの。  もっと詳しく


Copyright(C) FUKANO Corporation Allrights reserved